電子定款について知っておくこと

会社を設立するにあたって必要なのが定款です。

定款は、会社を経営・運営していくときの基本的な決まりです。いわば、法律といえるようなものといえるでしょう。会社設立を行う際には必須となる書類ですが、最近では電子化が進んできており電子定款を作る人が多くなってきます。会社設立時に作成する定款は、PDFでの作成も認められるため案外作るときには手軽です。電子定款の作り方を書くと、まず作成時に必要なものはマイナンバーカードや電子証明書です。マイナンバーカードのほうは、ここでは郵送されてきたマイナンバーが書かれた紙ではなくプラスチック製のICカードのことを指します。

本人確認書類を持って最寄りの自治体に行き、そこでマイナンバーカードを受け取ります。それから暗証番号の設定が終わったところでマイナンバーカードの準備が完了する仕組みです。マイナンバーカードには電子証明書が標準で搭載されており、利用には手続きが必要です。マイナンバーカードと印鑑を持って、住民票の住所で記載されている自治体の窓口に行き利用許可の手続きを行います。気になるお金についてはかかりません。あとはマイナンバーカードに対応しているICカードリーダライタが必要となります。

定款を作る際には、紙と同じプロセスで定款を作ります。定款には事業目的や商号などといった必ず記載しなければいけない事柄と取締役会の設置・公告の方法など、必ず記載する必要はないがものの定款に記載することで効力を発揮する事柄がありますのでおさえておきましょう。作ったら、電子化しておき定款に電子署名と呼ばれる代表者のサインと印鑑の電子版を入れます。ICカードリーダライタをパソコンに繋ぎ、電子証明書が入っているマイナンバーカードを読み込みます。これで電子定款が完成します。電子化のプロセスは少し手間がかかりますので、間違っていないかは事前に公証役場に確認しておくことが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *