電子定款を利用する際の注意

電子定款を利用する際には、様々な注意が必要となります。

電子的に提出することで印紙税が不要となることから近年非常に利用されているものとなっていますがその反面、これまでの紙媒体とは異なるポイントがたくさんあるため、提出しても却下されてしまうことが多く実際にはこれまでの上の定款にはない様々な注意点を意識して作成および提出を行うことが必要となっています。しかしこれらの注意点についてあまり意識をされていない傾向があり、多くの傾斜が頭を悩ませているポイントとなっているのです。

電子定款を提出する際には経営者の本人確認およびこれまでの様々な社会的な情報を確認するためにマイナンバーの認証が必要となります。通常はマイナンバーカードを利用し電子認証を行った後、電子定款を提出する形となるため、マイナンバーカードの所有は必須となっており、これがないと提出をすることができません。

加えて従来の上の低下の場合には内容が明確であればほとんど拒否される事はなかったのですが、マイナンバーの提出により納税状態や所得の状況、およびこれまでの公共的なトラブルなどの記録が管理されていることからこの面で問題があると却下されてしまう確率が高くなっていることも十分に注意しなければならないポイントです。電子定款を利用する際には提出方法やそのための条件などを十分に認識し、これらの注意点における対応をしっかりと行ってから提出をすることが重要となるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *