電子定款作成上の決まりごと

株式会社を新しく設立しようとする場合には、発起人となった人が定款を作成して、全員で署名するか、または記名押印しなければならないこととされています。

これは会社法のなかで規定されていることですので、手続きとしてはかならずしなければならないことといえます。ただしこの定款は電磁的記録をもって作成する、いわゆる電子定款によることができるものともされており、この電磁的記録というのは、人間の目には見えない電子的または磁気的な方式で作成された記録で、コンピューターでの情報処理のために様式化されたもののことを指しています。

紙の定款も同様ですが、この電子定款の内容には、会社の目的、商号や本店の所在地、設立にともない出資される財産の価格などの事項を記載しておかなければならず、これを絶対的記載事項とよんでいます。そのほか電子定款に特有のものですが、紙の定款でいうところの署名や記名押印の代わりになるような措置をとることも求められており、これが一般には電子署名とよばれるものにあたります。

電子署名をするには電子証明書が付いた個人番号カードと、その電子証明書を読み取るICカードリーダーも必要です。電子証明書については個人番号カードを市町村役場の住民課窓口に持参すれば、その場で個人番号カードのICチップの部分にインストールしてもらうことが可能です。この場合には手数料と運転免許証などの身分確認ができる書類も必要となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *