電子定款で会社を設立

会社を設立するときに必要になるものの一つが定款ですが、最近ではこれを電子定款として電子的に作成されるケースが増加しています。

おそらく、最も大きな理由は費用の節約が図れるということでしょう。紙の定款の場合、4万円分の収入印紙を貼付する必要がありますが、電子定款の場合にはこれが不要になります。会社という大きなものを作ろうとしているのにたかが4万円程度のことでと思われるかもしれませんが、それでも4万円は決して無視できる数字ではないでしょう。

同じ効果を持つのであればわざわざ4万円も高い手段を選ぶ必要などないだろうというのは誰が考えても同じ結論になるはずで、それが電子定款で作成されるケースが増加している理由であることは間違いありません。ただ、別に収入印紙の代わりにという訳では決してありませんが、紙の定款の場合にはかからなかった費用がかかる可能性もありますので、気をつけておかなければなりません。それは、当該定款ファイルに電子署名データを付加することのできるアプリケーションソフトウェアです。

これはあまり一般的なものではありませんから、既に持っているというような人は少ないと思われ、新規に購入する必要があるかもしれません。たまたまでしょうが、このようなソフトの市価はだいたい4万円程度はしています。これでは価格的に電子定款にする意味がなさそうにも見えますが、ソフトは必ずしも自分で買う必要はなく、既に持っている人に使わせてもらうことでも問題はありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *