気軽に作成できる電子定款

会社を設立する際に必ず必要になるのが定款の作成ですが、紙に書いた文章だけではなく、最近ではデジタルデータで作成することもできます。

こうした種類の定款のことを一般的に電子定款と読んでいますが、このタイプの定款は特にPDF形式のファイルとして作成したものが、公的に定款として認められています。そのために、電子定款を作成するためには、まず定款を作成するために必要となる各種のデータを集めて、それをデジタルデータにするという手順が必要になります。定款に記載すべき必要があるのは設立する会社の商号や所在地などです。

その他に会社を設立する目的や発起人の氏名、住所なども記載する必要があります。これらの全ての事項を通常の定款と同じように、一つの文章にしてデジタルデータとして提出するのが電子定款なのですが、この方法で定款を提出することには大きなメリットがあります。通常の紙に書かれた文章としての定款を会社設立の際に公的機関に提出する場合には、書類のほかに収入印紙が4万円分必要になります。

会社を設立する際には、この定款を提出するための費用も合わせて用意する必要があるのですが、電子定款を作成して提出する場合には、この収入印紙4万円分は不要になります。そのためにより経済的に会社を設立することができるために、紙の文章ではなくて、電子定款を作成する人も増えてきています。こうした種類の定款がコンピュータで簡単に作成できるようなソフトも販売されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *