電子定款作成のための準備

電子定款を作成するためにはいくつかの準備が必要でしょう。

もちろん内容として何を書くべきかとか、作成のためのPCとかwordなどのソフトウェアについては当たり前のことでしょうから、説明は省略します。あまり一般的でないと思われるけれども、電子定款を作成するにあたって必要になるものとしては、住民台帳基本カード、マイナンバーカードにデータ記入してもらった本人の電子署名データがまず揚げられます。これは市町村の役所に行けば入手することができます。

住民台帳基本カード、マイナンバーカードを作成するだけでは電子署名データまでは含まれていませんので、必ず追加で依頼する必要があります。おそらく手数料は1000円前後でしょう。そして、このカードデータを読み込むためのデバイスが必要です。いわゆるカードリーダーで、これは普通に家電量販店でも売られています。価格は数千円といったところでしょう。

さらに、カードリーダーによってPC内に取り込んだ電子署名データをその電子定款に挿入するためには特定のアプリケーションが必要です。おそらくこのアプリケーションが最もハードルが高いでしょう。一応誰でも手に入る市販品として売られてはいますが、価格的には3万円とか4万円くらいかかることもあります。ただ、電子署名データだけは必ず自分で用意する必要がありますが、カードリーダーや特定のアプリケーションは必ずしも自分で用意する必要はありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *