電子定款の利点について

電子定款の利点は、紙の定款を作成する場合に比べて費用を安く抑えられる可能性が高いことです。

紙の定款の場合、作成後には収入印紙を貼付しなければなりません。この収入印紙が4万円分と、決して安いものではないことが一つのネックになります。ですが、電子定款とした場合には収入印紙の貼付が不要になります。電子的なファイルには物理的に考えて収入印紙など貼付できないという理由ももちろんありますが、物理的に貼付できないのなら何か別の方法でその費用を納めることも求められてはいません。

ただ、電子定款の場合、紙の定款の場合には必要なかったものが別に必要となることも多いですから、最終的な収支については事前にしっかりと考えておいたほうが良いでしょう。収入印紙を除いて、基本的には紙の定款の場合に必要なものは電子定款の作成においても必要です。印鑑は不要といえばそのとおりですが、会社を設立する以上、定款作成以外のシーンでも印鑑は間違いなく必要になるはずですから、無くて済ませられるというものには入りません。

電子的に定款を作成する場合には、パソコンやワープロソフトが必要なのは当然ですが、その他に電子署名が必要になります。電子署名というのは日常的なシーンで使われることは現在のところほとんどないと言ってよいでしょうから、どのようにすれば電子署名ができるのか既によく理解しているという人は少ないでしょう。事前に専門家に相談することが望まれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *