電子定款と費用の問題

会社設立の手続きのなかでも最初にしなければならないのが定款の作成です。

この定款はかつては紙に印刷するのが一般的でしたが、現在では電子定款という方法も利用することができます。

電子定款は文字通り紙で作成する文書を電子ファイル、具体的にはPDFファイルの形式で作成したもので、内容としては紙のものとそれほどの違いがあるわけではありません。

会社設立時に電子定款を作成する上でのメリットはいくつかありますが、特に費用面でのメリットが大きいといわれています。

これは紙の定款であれば収入印紙を貼付しておかなければならず、収入印紙代がかかるのに対して、電子定款であればその部分が不要となることが背景にあります。

ただしよく考えておかなければならないこととして、電子定款の作成のためには事前に準備する機材などが必要となることです。

たとえば電子署名をするためには電子証明書が入ったマイナンバーカードをあらかじめ取得しておくとともに、電子証明書を読み取るためのICカードリーダーを手元に用意しておくことになります。

そこでまずは電子証明書の発行手数料がかかりますし、ICカードリーダーも新規購入となれば数千円の出費です。

これに加えて電子署名をPDFファイルのなかに組み込むことができるPDF作成ソフトも必要で、これも購入するとなれば数万円というのが普通です。

このようなことを考えると、仕事でソフトをすでに利用しているなどの事情がない場合には、かえって費用が高くなってしまうこともあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *