電子定款認証の流れについて

電子定款は公証役場に認証手続きを電子データで行う時の定款の呼び名です。

定款は従来では紙媒体のみしか受け付けていませんでしたが、インターネットの普及などにより電子データでの定款認証が可能になっています。

ちなみに、電子定款は電子データと言ってもワードなどで作成したものではなく、ワードで作成した定款をPDFに変換した後で、文書を作成したのが誰であるのかを示す証明書を追加したものです。

これは電子証明書と呼ぶもので、実印を使用した時に添付する印鑑証明書のようなものです。また、作成した定款はメールなどで公証役場に送信するのではなく、法務省の登記・供託オンライン申請システムを利用して公証役場への送信を行います。

会社を設立する人にとって電子定款は何かと手間が掛かるものです。

ネット中では印紙代の4万円を節約出来ることを一番のメリットに掲げているケースが多いのですが、勿論税金の節税は出来る反面、電子署名を付与するための専用ソフトウェア(アドビ社のアクロバット)や住民基本台帳カードに電子署名を交付して貰い、それを読み取る時に利用するハードウェアなどが必要です。

ソフトウェアとハードウェアを買い揃えないと電子定款認証が出来ないわけです。

但し、会社設立代行業者を使えば、自分の代わりに電子定款認証を行って貰うことが出来ますし、この場合は代行業者が所有しているソフトウェアやハードウェアを利用するので、買い揃える必要がありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *