電子定款を使った代行業者でコスト削減

電子定款をつかって安く会社設立をしてくれる代行業者は多いです。

自分でやった方が節約になると考える人も多いですが、電子定款を作成するためにはICカードリーダライタやPDF作成ソフトが必要になりますので、持っていない人は節約できません。

これらを購入すると、せっかくかからない印紙代4万円とほぼ同じくらいの出費が発生するため、持っている人なら節約になりますが、そうではない人は結局安くできないことになるからです。

代行業者は、電子定款を使って会社設立に必要な定款を作成してくれます。また、代行手数料を安くしてくれるところも多いため、安ければ安いほど差額分が浮くことになります。

代行手続きにもどこまでやってもらえるのかは異なりますが、定款の認証までなら数千円でやってもらえることも多いです。

トータルでも1万円程度というところも多く、自分で必要なものを持っていない人にとっては、確かに業者を使った方がコストを抑えることが可能になります。

定款は権利義務に関する文書であるため、代行して作成できるのは行政書士や税理士、弁護士や司法書士などです。したがって、代行業者はこれらの人材を抱えるか提携して作成します。

また、士業が自分自身でこれらを扱っているケースもあります。安く抑えることができるのが電子定款ですから、機器を持っていない人は代行業者を活用して安さを教授するのも悪くありません。

また、代わりにやってもらえるという利点もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *