電子定款は会社設立時のコストダウンに有効か否か

会社を設立する際には必ず「定款」を作成しなければなりません。

定款とは会社の組織活動に関する根本規則(目的・商号・所在地など)を記載した書類のことです。

従来の定款は、パソコン等で作成した書類を紙に印刷・製本して、公証役場に持参し認証を受ける必要がありましたが、インターネットの普及により現在は、電子定款による電子認証が可能になっています。電子定款とはPDF形式にデータ化された定款です。

この定款はオンラインで申請することができます(認証は公証役場で行います)。電子定款による電子認証を受ける最大のメリットは、定款認証時に必要だった印紙代4万円がかからないということです。

電子データは文書に該当しないため課税されないのです。ただし、電子化がコスト的に必ず得であるとはいえません。

なぜなら、電子署名のために電子証明書の入手や専用のソフト(あらかじめ持ち合わせていない場合)の購入が必要だからです。

ソフトの購入だけで印紙代以上の費用がかかります。また、慣れない方がソフトのインストールを行ったり、申請の手続を理解するには、かなりの時間を要します。

このような理由から、定款の作成は専門家に任せるほうがコスト的にも時間的にも有利なケースが多いと考えられます。

電子認証で省ける印紙代よりも少ない費用で行政書士などの専門家に会社設立手続きを依頼した方が、全体的な費用を抑えられるだけでなく、時間の節約にもつながります。

ご自身にとって従来型と電子のどちらの定款が合っていて得なのかをよく考えて選ぶとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です