会社設立で電子定款にする利点と作成時のポイント

株式であれ合同であれ会社を設立するときは、定款を作成しなければなりません。

この定款は書面でしか作れないと思ってる人もいますが、そんなことはなく、電子化させることもできます。これを電子定款といいますが、会社設立の手続きを全て自分で行う場合はこの方法で定款を作成することをおすすめします。

なぜなら、電子定款にすることで設立費用を安く抑えることができるからです。紙で作成する場合は印紙代として4万円が必要になりますが、電子定款ではこの4万円が必要ありません。

数万円の差ですが、この違いは小さくはないでしょう。従って、会社設立費用を節約したい人には定款の電子化をおすすめします。一方、電子定款を作成するときは次の問題が発生します。

それは誰が作成するのかということです。必要な機器が揃っていれば自分で行うこともできますし、行政書士や司法書士など専門家に依頼することもできます。

どちらにすればいいか悩むかもしれませんが、会社設立が初めての人は専門家に頼んだほうがいいでしょう。なぜなら、専門家に代行してもらうことで機器を購入する必要がなくなりますし、会社設立に関して相談することもできるからです。

ただし、専門家と一口にいっても行政書士、司法書士、税理士といろいろあるので、どこに頼むべきかよく考えて依頼しましょう。

ネットで宣伝している激安業者もありますが、対応力は業者によってまちまちなので、慎重に比較する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *