電子定款はペーパーレス化の流れにしたがって

電子定款は、従来紙ベースで行われていた法人の登記手続きをペーパーレスで認証ができるようにシステム化したものです。

重要な文書を電子文書化して保存できることがあたり前になっており、登記手続きに必要な定款を電子保存できるようにしたものです。会社設立の一つが定款の作成です。

定款とは、会社を経営・運営していくときの基本的な決まりの事です。会社設立には必須の書類です。この書類をパソコンで作成して電子定款にして電子署名をします。

この際注意しなければならないのは、書式の形式をPDFファイルにすることと、電子署名を定款作成日の後にすることです。紙の定款のように後で作成日を記入するわけにはいかないからです。

定款作成日以降であれば、認証までのどの時点で電子署名をしてもかまいません。またオンライン送信できる名前は、必ず半角英数字のに変更して保存することが重要です。

電磁的記録の嘱託を行うには電子証明書を取得しておくことが必要です。その電磁的記録に公証人が認証を与えることで真正であると認められるわけです。

法務局に会社設立の手続きをとるときにこの電子定款が効力を付与されることになります。認証された電子定款は、公証役場で直接受け取ることが必要でインターネットで完結するわけではありません。

電子定款は、文書ではありませんから印紙税の4万円を払わなくてもいいというメリットもあります。ペーパーレスで定款はオンライン上で保存されることになるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です