電子定款の特徴と魅力

合同会社の設立時に用意しなければいけない電子定款は紙の代わりにCDなどで作った定款です。

この電子定款のメリットは色々ありますが、印紙代がかからないのは大きなメリットでしょう。紙ではないために印紙を貼り付ける必要がありません。

また、紙の定款には印紙税がかかりますが、この定款にはかかりません。専門家にその作成を依頼して、申請システムの専用ソフトを利用して公証人役場という所に送ってもらってください。

10万円ほどと高額な専用ソフトや機器も専門家が用意してくれるでしょう。個人でその難しい作業は行えないかもしれませんが、専門家なら迅速に行ってくれます。

合同会社を設立するにあたって、定款の作成が必要になります。そして、電子定款は会社の社員全員の印鑑登録証明書のコピーがなければ作ることができません。

証明書をメールかFAXで送信してください。市町村に申請する公的個人認証サービスの電子証明書も取りましょう。電子定款に電子署名をするのですが、それにあたって電子証明書が必要になります。

その取得には住民基本台帳カード、運転免許証か健康保険証、パスポートなど何か本人確認できるものが要ります。

株式会社ではなく合同会社にするメリットとしては、定款の公証人による認証が不要なところです。経費を削減できるということです。

また、その定款内容は柔軟ですから、自由に経営することができます。電子定款で合同会社を設立しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です